脂肪酸


脂肪酸とは食品に含まれている脂質のことで、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸の3つに分類されます。

この中で皮脂腺アポクリン腺から分泌され、わきがや体臭の原因となる脂肪酸は肉類や乳製品に含まれている飽和脂肪酸で、この飽和脂肪酸が含まれた皮脂や汗が酸化されたときに過酸化脂質となり、ニオイが発生してしまうのです。

~飽和脂肪酸が含まれている食品と特徴~

・肉類

・乳製品

肉類や乳製品に含まれている飽和脂肪酸飽和脂肪酸は以上のように動物性脂肪を含む食品に多く含まれ、ワキガや体臭などのニオイの原因になるだけでなく、過剰摂取すると中性脂肪や悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化などの生活習慣病などの原因になることもありますので注意が必要です。

~一価不飽和脂肪酸が含まれている食品と特徴~

・植物性油(オリーブオイル・キャノーラ油)

植物性油に含まれている一価不飽和脂肪酸一価不飽和脂肪酸の代表的な食品は、近年注目を集めているオレイン酸を含んでいる植物油です。オレイン酸は酸化されにくいので、動脈硬化などを予防し、健康に良いといわれています。

~多価不飽和脂肪酸が含まれている食品と特徴~

・魚介類

魚介類に多く含まれる必須脂肪酸:多価不飽和脂肪酸魚介類に多く含まれている多価不飽和脂肪酸は、人間の体では合成されないので食品から摂らなければならない必須脂肪酸です。

血液サラサラ効果、脳の働きを活発にするといわれているDHA・EPAもこの多価不飽和脂肪酸のことです。

また厚生労働省によると飽和脂肪酸3:一価不飽和脂肪酸4:多価不飽和脂肪酸3で摂ることを推奨しています。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved