過度なアルコール摂取


過度なアルコール摂取はワキガの原因に 過度なアルコール摂取がワキガ体質の直接な原因ではありませんが、アルコールはアポクリン腺エクリン腺の2つの汗腺の働きを活発にさせ、汗の分泌量が促進されますので、わきがの人の場合は、よりニオイが強くなってしまうのです。

またアルコールを飲むと"アセトアルデヒド"という物質が体内で作られ、血液を通して肺や皮膚から排出され、いわゆる"お酒臭い"ニオイが発生し、それが口臭や体臭となりますので、ワキガの人が過度なアルコール摂取をすると、ワキガのニオイが強くなるだけでなく、さらにお酒臭くもなり、体臭がとても強くなりますので注意が必要です。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved