皮下組織掻爬法


わきが手術における皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)は、スプーンのようなキューレットという器具を使い、汗腺(アポクリン腺エクリン腺)を掻き出す治療法です。

~皮下組織掻爬法の手術法~
皮下組織掻爬法の手術法・メリット・デメリット
・わきの下の皮膚を数センチ切開する

・スプーンのようなキューレットという器具を挿入する

・汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)を掻き出す

・手術痕を縫合する

~皮下組織掻爬法のメリット~

・皮膚の切開が少ない

・手術痕が小さく目立ちにくい

~皮下組織掻爬法のデメリット~

・アポクリン腺を完全に取り除くことは難しい

・汗腺周辺の皮下組織を傷つけててしまうことがある

・比較的、術後の回復が遅い

ワキガ同様、多汗症でもこの皮下組織掻爬法は行われていますが、以上のようなことから完全にエクリン腺を取り除くことができないので、完治させることは難しいようです。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved