両親のどちらかがワキガ体質である


ワキガは遺伝の影響が強い わきが体質アポクリン腺の数や大きさ)は遺伝性があり、両親共にワキガ体質の場合は約80%、片親だけがワキガ体質の場合は約50%の確立で遺伝するといわれています(さらに遡って祖父母の体質が遺伝することもあります)。

ですので家族、特に両親のどちらかがわきがの場合、その子供もかなり高い確率でわきが体質である可能性があるのです。

しかしわきがの直接的な原因であるアポクリン腺は思春期以降に活動し始めるので、遺伝と思うことは少なく、さらに自分のニオイや家庭のニオイは慣れてしまっているので、自分がわきが体質だと気付かないことも多いのです。

もちろん両親ともワキガ体質でなくても食生活や生活習慣、ストレスなどによってアポクリン腺が肥大し、ワキガ体質になることもありますので、両親ともワキガ体質でないからといって、必ずワキガ体質にならないということもないのです。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved