気持ちのいい汗をかく


わきがのニオイを予防するためには、日頃から運動などをして気持ちいい汗をかくことが大切です。

ワキガの人や体臭が気になる人の多くは、汗をかくとニオイが発生してしまうので、なるべく汗をかかない生活を心がけているかもしれません(汗が臭うメカニズム)。

ワキガのニオイ軽減するためにはスポーツで気持ちの良い汗をかくことも大切 しかし日頃から汗をかかない生活を続けていると、たまにかく汗(冷や汗・緊張したときに出る汗など)の成分が濃くなり、肌表面に雑菌が増殖しやすくなったり、細菌に分解されたときによりニオイが強くなってしまうのです。

~近年は汗をかきにくい人が増加している~

近年は冷房が普及していますので、汗腺の働きが低下し、汗をかきにくい体質の人、いわゆる"低体温症"の人が増えているといわれています。

また忙しい生活の中で、運動などをしておもいっきり汗をかく機会が少ないのも事実です。
入浴で汗をかくことも必要
人間にとって汗をかくことは体温調節だけでなく、ストレス解消にもなり、とても大切なことなのです。

汗をかいたらそのままにせず、拭き取ったり洗い流せばニオイが発生することもありません。

現代社会ではなかなか難しいのも現実ですが、運動や入浴、サウナや岩盤浴などで気持ちいい汗をかいて、汗腺の働きを活発にさせれば、日頃かく汗の成分が水に近くなり、ニオイの原因となりにくいのですから。

スポーツやサウナなどで汗をかく生活を続けると、ワキガのニオイは軽減できるかもしれませんが、汗腺の働きが活発になり、日頃から汗をかきやすくなり、かいた汗をそのままにしておくと汗臭くなりますので注意しましょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2017 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved