剪除法


わきが手術における剪除法(せんじょほう)は、医師自らが自分の目でアポクリン腺を確認し、1つ1つ取り除いていく治療法です(直視下摘除法とも呼ばれています)。

~剪除法の手術方法~
ase084.jpg
・わきの下の皮膚を3~5cm切開し皮膚を裏返す

・医師が1つ1つ専用の器具でアポクリン腺を取り除く

・手術痕を縫合する

~剪除法のメリット~

・熟練した医師に施術してもらえれば安全で確実性が高い

~剪除法のデメリット~

・手術時間が長い

・手術痕が残りやすい(数センチ)

・医師の技術に左右される

剪除法はとにかく医師の技術に大きく左右される手術法ですので、クリニック選びがとても大切になります。

また多汗症でもこの剪除法は行われますが、多汗症の原因であるエクリン腺はアポクリン腺よりもかなり小さく、熟練した医師によっても完全に取り除くことは不可能に近いといわれていますので、多汗症をこの剪除法で完治させることは難しいでしょう。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved