衣類に気をつける


わきがのニオイを予防・軽減するには衣類(下着)にも気をつける必要があります。

ワキガの大きな原因はアポクリン腺から分泌された汗が細菌に分解されたり、アポクリン腺から分泌された汗がエクリン腺から分泌された汗によって拡散されたために発生するニオイです。

ワキガのニオイを軽減するには吸水性の良い衣類を いずれにしてもかいた汗をそのままにしておくと、ニオイが発生しやすくなったり、ニオイが強くなってしまうのです。

もっとも理想的なのはかいた汗を拭き取ったり、洗い流すことですが、社会生活を送っている以上、汗をかいたからといって常に拭き取ったり洗い流すことが出来ないのも現実です。

~衣類に気をつけてワキガ予防~

・吸水性、通気性のいい衣類を着る

・肌の上に直接Yシャツを着るのではなく、必ず吸水性のいいTシャツを着る肌の上に直接吸水性のよくないシャツは厳禁

Yシャツなどの吸水性のよくない衣類を肌の上に直接着ると、かいた汗を吸収してくれず、肌表面に雑菌が増殖しやすくなったりして、ニオイが発生しやすくなってしまいますし、汗を吸収した衣類は可能であれば頻繁に着替えることも大切です。

またファッションではないのですが、夏でも1枚のTシャツを着るのではなく、2枚のTシャツを重ね着することで、ニオイが周囲に分散することを予防できます。


スポンサードリンク

 

Copyright © 2006-2018 ワキガ治療法と手術法. All rights reserved